社員インタビュー

メーカーとして商社として、守備範囲が広い仕事はやりがいも大きい

本社 営業部

重信 紘平

2017年 中途入社

他業種にわたる顧客とのやりとりで世界が広がる


 学生時代は、メーカーで、お客様とともに新しいモノやサービスを一緒に作り上げられる営業職を志していました。陸内輸送業者に就職したものの、そこでは思ったような仕事ができず、転職を決意。当社は、BtoBのビジネスであることと、様々な業界のお客様と関われることから、自分の考えを仕事に生かすチャンスが大きいのではと思い、入社を決めました。
 現在は、自動車、機械、医療機器、半導体など各種メーカーのお客様と、「チューブ」と「継手」のオーダー品の受注と打ち合わせが仕事の中心です。また商社としてお客様が求める他社製品の販売も行っています。私はトラックのクッションに使う製品も担当しているのですが、自分が関わったトラックが街中で走っているのを見た時は嬉しいですし、次も頑張ろう!という思いになります。

オーダーメイドでものづくりの面白さを実感

 当社は決して大きな企業ではありませんが、お客様は誰もが知っている大手企業がほとんどです。入社してすぐに上司との同行で、大手メーカーの方との打ち合わせに参加した時は、当社がいかにお客様から信頼されているかを知り、ここでの仕事のやりがいを感じました。今ではお客様と一緒にものづくりを行っていますが、お客様が望んだ通りのものが出来上がり、「アオイさんに任せてよかった」と言われた時は何より嬉しいですね。お客様とのコミュニケーションあっての仕事ですから、密に連絡を入れることが重要です。こまめな情報伝達を怠ったばかりに、納期がずれて困ったこともありました。とにかくお客様に迷惑がかからないように、意識的にコミュニケーションを図るよう心がけています。

毎日が学びの日々。成長し続けていきたい


 まだ2年目ですから、今はとにかくお客様との信頼関係を築くことを一番に考えています。私のお客様の先にも、さらにお客様がいるわけですから、大きなつながりを作っていきたいと思っています。そのためにもお客様からの要望に対して、的確な提案ができるように、材質などの勉強もしなければなりません。また商社としての役目も担っていますので、関連する他社商品も知らなければなりません。まだまだ商品知識が未熟なので、もっと勉強しなければと思っています。所属する本社営業部は大所帯、わからないことがあればすぐに先輩に教えてもらえます。より多くの方から多くのお客様の話を聞くことができる環境はありがたいですね。

一日の流れ

8:30出社

メール・見積りの回答などを確認

10:30業務

客先訪問。打ち合わせ及び、コミュニケーションを図る

12:00昼食

外回りの場合、外出先の好みの店で食べる

12:45業務

午前と同様、外回り。1日に2、3件ほど回る

16:30業務

事務所に戻り、メールの返信及び納期の確認。翌日の業務準備

17:30終業・帰宅

営業所内の仲間に挨拶。雑談をして帰宅

他の社員インタビュー